中国茶の種類


お茶の発祥地である中国で親しまれる中国茶の魅力はなんといってもその香り。花の香りやミルクの香りなど、初めて飲むとその香りに驚きます。数百種類のお茶が中国には存在しますが、こちらでは、中でも有名な中国茶についてご紹介します。

お茶の原点と言える、中国茶は、茶葉の種類から加工・製法の違いで多数の種類が存在しますが、一般的には発酵度によって分類されます。

緑茶(無発酵)

ほぼすべて釜炒りで作られ、豆と草に例えられる香りをもつ、中国で1番人気のあるお茶です。代表銘柄: 龍井茶、ピロチュン、緑牡丹

白茶(弱発酵)

白い産毛の生えた若芽を、発酵度が浅い段階で自然乾燥させたお茶です。果物のようなほのかな甘い香りと繊細な味わいが特徴です。代表銘柄:ギンシンハクゴウ、白牡丹

黄茶(弱・後発酵)

仕上げる前に再度発酵させ、ふくよかで風格のある上品な味と香りの、長い歴史を持つお茶です。代表銘柄:君山銀針、蒙頂黄芽

青茶(半発酵)

日本人になじみのある烏龍茶に代表されるさっぱりとしたお茶です。発酵度の幅が広く、ものによって味や香りが異なり、花、草、果物、実、乳など香りも様々です。代表銘柄:大紅ほう、凍頂烏龍、文山包種

紅茶(全発酵)

紅茶というとイギリスのイメージがありますのが、もともとは中国がルーツ。一般的な紅茶と違うのは、濃く淹れても渋みが弱いこと。甘く花のような香りが特徴です。代表銘柄:キーモン、正山小種

黒茶(後発酵茶)

脂肪を分解するので、食虫食後に飲まれることが多いお茶です。プーアール茶が代表的で、長期保存できることが特徴です。古いものほどか価値があり、ヴィンテージワインのように親しまれています。代表銘柄:プーアール茶,ロッポチャ

当社では、厳選された本格的・特級中国茶を通販にてお届けしております。日常生活に高級中国茶を取り入れてみませんか?送料無料でお送りしていますので、この機会にどうぞお買い求めください。