中国茶の歴史


中国には数百種類のお茶があり、地域や季節によって様々なお茶文化が育まれてきました。香りが魅力で人気のある中国茶ですが、中国茶には長きにわたる歴史があり、お茶を語るうえでは欠かせないものです。

こちらでは、お茶の歴史のなかでも重要な中国茶の歴史についてご紹介いたします。

薬としての役割

中国茶は、台湾および中国大陸で作られたお茶の事を指します。中国では、紀元前2700年ごろからお茶が飲まれてきたといわれていますが、当時は嗜好品というより薬としての役割が大きかったようです。紀元前59年ごろに記された「僮約」(どうやく)が、お茶に関して記されている最も古い資料とされています。

上流階級がお茶を飲むように

唐代になると、お茶は嗜好品として生活に関わり始め、貴族階級の間ではお茶を飲む習慣が一般的になってきました。この頃のお茶の主流は茶葉を丸めて作った固形茶で、あぶって粉末にして熱湯に入れ飲んでいたようです。この時代に入って釜炒りの技術の研究も始まり、現代のお茶の基礎が築かれていきました。

茶器の原型の誕生

宋、漢の時代と貴族階級の人々がお茶を楽しんでいた時代が続きますが、この頃にはお茶の新たな製法が次々と考案され、お茶の種類が大幅に増えるようになります。また、茶葉に加えて茶器も、お茶を楽しむうえで重要な要素という意識が広まったため、茶湯の色を楽しむ事ができる白磁が普及したり、青磁などの技術が誕生したりしました。

庶民の間にもお茶が広まる

明の時代洪武帝が、貢茶における固形茶作りは莫大な労力を要する事などを理由に、貢茶制度の変革に取りかかりました。その結果、固形茶を粉にした粉末茶などが衰退し、散茶が主流に代わり庶民の間にもお茶が広まるようになりました。

通販にて本格中国茶をお探しでしたら、当社の通販を是非ご利用ください。選び抜かれた高級中国茶や特級中国茶などを、香港のお茶バイヤーとのコラボレーションにて送料無料でお届けします。