ロゴ作成時のポイント


会社の顔とも言えるほど重要なロゴマーク。ただデザイン性が高いだけではなく、ロゴマークを見ただけで企業のイメージが浮かぶようなロゴマークを作成しませんか。こちらではロゴ作成時のポイントについて紹介しています。

コンセプトを決めましょう

まずはコンセプトを決めましょう。このロゴマークを作成するにあたり、どのような企業アピールに繋がるのか、また商品のイメージやサービスのイメージにどのように反映できるのか、という事がポイントとなるでしょう。

ターゲットを明確にしましょう

企業の主なターゲットを明確にする事で、ロゴデザインが決めやすくなります。お子様や若者をターゲットにする商品を取り扱っているのでしたら、カラフルでポップなイメージ、働く女性向けの商品でしたら洗練された都会らしいイメージ、男性向けの商品でしたらシャープでクールなイメージなど、ターゲットを明確にするとデザインイメージが定まってくるでしょう。

シンプルで洗練されたデザインに

想いをたくさん込めてロゴマークを作成すると、つい複雑なロゴマークになりがちです。しかしロゴマークのデザインが認識されるためには、シンプルである事が一番です。ぱっと見るだけで文字が読み取れるロゴマークですと、どの企業のものかすぐ結びつけてもらえるでしょう。またロゴマークは会社の名刺や封筒に使用するマークでもあります。複雑なロゴマークは小さくした時に認識しづらくなる恐れがあるため、シンプルなデザインが好ましいのです。

メインカラーを決めましょう

色がもたらす視覚的・心理的な影響は大きいものがあります。例えば、大手コーヒーチェーンのロゴマークやファーストフード店のロゴマークなど、デザインよりも使われている色の方が明確に思い出せるのではないでしょうか。そのためメインカラーは企業や商品イメージに合った色にされるのをおすすめいたします。

当社では、格安費用にてロゴ作成やホームページ作成を行っております。ロゴ作成をお考えで制作会社や外注先をお探しでしたら、是非ご相談ください。