ロゴデザイン変更の際は


企業のシンボルであるロゴデザインは、会社や商品を人の心に強く印象づけるための大切な役割があります。
ロゴマークひとつでお客様へのイメージ戦略に繋がるため、名刺や封筒、パンフレット等の販促アイテムには欠かせないものです。
新しくロゴデザインをされる方や、変更を考えていらっしゃる方がおりましたら、是非当社にご依頼ください。こちらでは、ロゴマークのもつ役割と、その変更のタイミング・ポイントについて紹介しています。

ロゴマークの役割

人に会社や商品をアピールする際に、最も請求性が高いのが目から入ってくる情報です。さらに文字よりもイラストや写真などに惹かれる傾向があるため、文字だけのパッケージやパンフレットよりも、イラストやロゴ、写真が入った方が視覚的にアピールする事ができます。また、ロゴマークをつけブランド化する事により付加価値がつき、売上アップにも期待できます。

ロゴデザインを変更するタイミング

近年では、既存のロゴデザインから時代と共に新しいロゴデザインへ変更する企業も増えています。そのタイミングは様々ですが、ビジネスモデルの変更・新規企業の立ち上げ・事業合併・創立記念などを機に、ロゴデザインを一新する企業もあります。

ロゴデザイン変更のポイント

ロゴマークは、そのデザインのみが一人歩きしないように、ブランディング戦略と一致するようなロゴデザインを心がけましょう。新規事業の立ち上げに伴うロゴ変更や、事業内容に即したロゴデザインであれば、ビジネスモデルの周知にも繋がるでしょう。ロゴデザインはビジネスチャンスにもなりうるのです。

お客様に受け入れてもらえる、強い印象のあるロゴデザインの外注をお考えでしたら、当社にお任せください。印刷物の制作やWEBサイト制作も行っておりますので、まずは相場や料金のお見積りからご相談ください。